外溝工事のタイミングについて

私の家は、注文住宅で新しく建てました。家作りの最初の頃は、家の間取りからはじまり、どこにバス・トイレ・キッチンを置くかなどに多くの時間を費やします。その後で、窓はどこにどの大きさのものをつけるかや扉の場所や種類などを細かく決めていきます。最終的には、カーテンやコンセントの位置などの細々としたことを決めていきます。その頃になると、何度もハウスメーカーの設計担当者と打ち合わせしていますので、打ち合わせ疲れが出てきます。最後に外溝のことになるので、外溝の打ち合わせはどうしても少しおざなりになりがちです。しかし、外溝は家の印象を決める大事な要素ですので、疎かにしてはいけないですし、ハウスメーカーの言いなりになってしまうと、金額もどんどんと膨らみますので注意が必要です。外溝工事自体は、家が完成した後でも工事を始めることも出来ますし、打ち合わせも家が完成してからでも遅くはありません。外溝工事は他の業者に頼むこともできます。新しい家に住んでから、外溝のイメージを膨らませた後にゆっくりと外溝工事について取り掛かるのをお勧めします。