蔵には窓が必要だった

私の母親の家は、蔵というものを作っています。それを作る時に、そんな蔵という、大げさなモノにしなくてもいいと思ったのです。蔵というのは、昔の建物という、そんな印象を持っているからです。そのため、今の倉庫のようなモノですね。そのことから、倉庫でいいと思ったのです。しかし母親はやっぱり蔵にあこがれがあるのか、そのことについてどうしても作りたいという、そんな気持ちを持っていました。自分の家ではないので、その点については母親の意見を重視することにしたのです。
ところが出来上がった時に、その中に入るととても暗いと感じました。電気をつけることができるのですが、電気をつけたとしてもなんとなくうっすらとした感じで暗いのです。その原因としては、なんといっても窓が少ないということです。小さい窓は、上部にちょっとあるだけなのでその点で暗いのです。蔵というのは、そんなものかも知れないと思いながらも、もう少し明るいところが良かったと思っています。