できるだけ木を見せる家

木造2階建て住宅を新築で建てました。

純和風という感じの家ではないのですが、できるだけ木を見せていきたいというこだわりがあり、それを実現してくれるハウスメーカーを探していました。

ハウスメーカーでは木を見せるつくりにしていくと値段が予算を大幅に超えてしまうことになったので、地元の小さなハウスメーカーにしました。

木造ですので作りをしっかりとさせるためにまずは通し柱を4寸にしてもらいました。また家の中心には5寸柱を入れてもらい、それを中心に梁も見せるような家にしていきました。構造上難しいところもあったかもしれませんが、片屋根にすることで梁を見せることができました。また、その天井部分もクロスを張らずに木でやってもらいました。

そのため、多くの部分で木が見えています。クロス部分はかなり少なく本当に木造の住宅という作りになっています。構造を強くするために隠していくこともあるかと思いますが、木を見せていきたいという場合には設計士の方に相談すると案外できると思いますので、相談することをお勧めします。