焦らずに家を購入できる時代です

少子高齢化が進み、生産年齢人口が少なくなっています。
総人口も減少傾向にあり、これから驚くような何かが起こらない限り、この傾向は長く続いていきそうです。
人口が減れば土地が余り始めるため土地が安くなり、一戸建ての住宅が安くなる可能性があります。
だから家を購入するのは待とうという事ではなく、「焦って購入する必要はない」という事です。
これから急激に地価が上がり、一戸建て住宅の値段が高騰する事は考えられないのですから、急いで購入する必要はありません。
また高度経済成長期のように、家を購入する事が素晴らしい投資になるような時代でもありません。
「買わなければ損をする」と思う必要もないという事です。
つまりリラックスをして、本当に家が欲しいと思った時に、家を購入できる素晴らしい時代が来たという事でもあります。
もし家を買いたいのが今なら、今が家の買い時ですし、それが例え10年後でも問題ありません。
本当に住みたい場所や、本当に欲しい家の機能などを、十分に検討した上で、理想の自宅を購入しましょう。