雨の日も洗濯物が干せる家づくりについて

雨の日に、洗濯物をどう干すかというのは、主婦であれば誰でも悩んだことがあることだと思います。せっかくのマイホームですから、どうせなら悩みを解決できる家づくりにしたいですよね。
雨の日の洗濯物干しの悩みを解決する方法は3つあります。1つめの方法は、インナーテラス、家の中にテラスを作ってしまう方法です。これなら、雨が振っても、家の中に十分洗濯物を干せる空間を確保できますし、洗濯機を設置する場所の近くにインナーテラスを設置すれば、移動距離も節約できて、家事もはかどります。特に、注文住宅にされる方にオススメの方法だと思います。
2つめの方法は、浴室乾燥機をつけることです。注文住宅でなくても、オプションで簡単に実現可能な方法ですし、費用もインナーテラスを作るより安く抑えることができます。ただし、スペースが限られるので、1回に干せる量には限界があります。
3つめの方法は、リビングの天井に、干し竿を吊り下げるための吊り輪のような専用器具をオプションで設置することです。浴室乾燥機をつけるよりもずっと安い費用で設置でき、干し竿を吊り下げるための吊り輪部分は、天井からワンタッチで外すことができるので、干し竿を使用しない時の美感を損うことはありません。しかし、洗濯物を干している時にリビングにいると、かなり洗濯物が気になると思います。
2つめの方法と3つめの方法は、家が完成した後から対処することも可能ですが、インナーテラスを作るのであれば、やはり計画段階でしっかり練る必要があります。我が家は3つ目の方法ですが、やっぱりインナーテラスに憧れてます。